ホーム > 緑茶協会について > O-CHAパイオニア賞顕彰 > 2019年O-CHAパイオニア賞各賞受賞者

ここから本文です。

2019年 O-CHAパイオニア賞

茶に関する学術研究、関連産業、文化の更なる発展に寄与することを目的とし、優れた学術研究や振興発展に寄与した産業技術、緑茶のある豊かな生活文化の提案、消費拡大等の優れた成果を、公益財団法人世界緑茶協会が顕彰しています。18回目となる2019年は下記のとおり決定いたしました。

2019年 O-CHAパイオニア賞 各賞受賞者

学術研究大賞

茶に係る優れた学術研究成果

受賞者 (個人)

   海野けい子(静岡県立大学 薬学研究院 准教授)

受賞タイトル

緑茶による脳の老化予防ならびにストレス軽減に関する研究

概要

緑茶カテキンが脳神経細胞を活性化して脳の老化と認知症を予防する機構を解明。さらに緑茶テアニンによるストレス軽減を介して脳の老化抑制に作用することを示し、緑茶による老化予防に関する研究の進展に貢献した。

【文化・芸術大賞】

茶に関する文学及び美術等の文化・芸術作品や活動

受賞者 (個人)

   井手暢子(ビジュアルデザイナー、蘭字研究家)

受賞タイトル

輸出茶ラベル「蘭字」の研究

概要

ビジュアルデザインの研究者として3,000枚以上の蘭字を調べ、茶業界のみならず広く人々に蘭字の存在を広めてきた。蘭字を通じた研究は茶の産業史や文化的背景を知る大きな手掛かりにもなっている。

【CHAllenge賞】 

茶の文化や産業の将来を牽引するような意欲的で斬新な取組み

受賞者 (団体)

    株式会社アクト・フォ代表取締役/太田奈月

受賞タイトル

静岡茶の香りを世界に広める新商品の開発・販売

概要

世界初となる天然緑茶芳香蒸留水回収装置を機械メーカーと開発。天然緑茶アロマの抽出と濃縮に史上初めて成功。お茶の香りを使った新しいお茶ビジネスに注目が集まる。

【O-CHA特別賞】 

その他、公益財団法人世界緑茶協会会長が特に認めた茶に関する成果

受賞者 (団体)

   不双産業株式会社(代表取締役/鈴木保彦)

受賞タイトル

高品質ティーバッグ製造機械のパイオニア

概要

ティーバッグ製造機械メーカー。三角錐型ティーバッグの自動包装機を世界に先駆けて販売。窒素ガス充填個包装製造機械など高品質緑茶に適したティーバッグ製造機が国内外で評価され、現在世界55か国で稼働している。

【O-CHA特別賞(国際)】 

受賞者(個人)

    Louise Roberge(カナダ茶・ハーブ協会 前会長)

受賞タイトル

世界の茶業界発展のため長期に渡り活躍

概要

18年間に渡りカナダ茶協会の会長を務め、世界の茶業界のリーダーとして活躍。国際的な茶貿易や教育・人材育成活動などに貢献した。茶生産国と消費国の立場の違いを超えて多くの人々に支持され、世界の茶業界を長く牽引してきた。